アフィママのゆいまるです!(*‘ω‘ *)

 

ブログを読んでいると、

「他の記事も、もっと読みたい!(≧▽≦)」

と思うブログと、

「よ、読みにくい!(◎_◎;)」

 

と開いた瞬間に感じるブログってないですか?

 

せっかく自分が睡眠時間を削って( ?)頑張って書いたブログが

一瞬で閉じられたとしたら。。。

 

悲しすぎませんか(ノД`)・゜・。(ノД`)・゜・。

えーん!!

 

初めに前提として言うと、

読者はストレスのかかる記事は読みたくないのです。

 

本等とは違って、

ネット上の文章は、ザーッと流し読みされることが多いです。

 

なぜかというと、知名度がないから

 

誰が書いているかも分からないし、

どのブログが読みやすいかなんて、初めて読む人には分かりません。

 

もし読みにくければ、いくらでも記事はあるし手軽に他で探せてしまいますよね。

 

実は読者は記事を読んでいるとき、

「いつやめようか」と離脱のタイミングを図っているんですよ( ;∀;)

 

濃い読者でない限り、ストレスを感じてまでブログを読んではくれません(*_*;

 

でも反対に

ブログの書き方を工夫すると、濃い読者になってもらいやすくなるんです!

 

なので、記事を最後まで読んでもらうには

なるべくストレスがない記事にする必要があります。

つまりは読みやすい記事を書くことが本当に重要です。

 

今日は、読まれるブログ記事をスイスイ書けるようにレッスンしますよっ(*’ω’*)

最後までお付き合いくださいね~!

 

読みやすい記事をブログで書くのに必要なテクニック

 

読みやすい記事を書くには、8個のテクニックを知っておくだけで

かなり読みやすい記事になります。

 

①文字の色を使いすぎない。

文字は、読む人に伝えたい部分のみにカラーを使います。

多くても、3色まで。

 

私の場合で言うと、

・肯定する文章には、赤。

・否定する文章には、青。

 

と決めて使っています。

それ以外の色は混乱してしまうので使っていません!

スポンサーリンク

 

②漢字、ひらがなをバランスよく使う。

ブログ記事では、漢字が密集しすぎていると

読み手はストレスを感じてしまいます。

 

すると、読み進めようという気がゼロになるんですね~(◎_◎;)。

 

あ~、その漢字が読める読めない、とは別のお話です。

いつもは使っているような漢字でも、

ひらがなや、カタカナにすることで読みやすくなるのです。

 

例えば、下の文章を読み比べてみてください。

貴方はブログに書く話題を何時、何処で入手していますか?

私達の殆どは、ネット上、或いは書籍等から価値ある情報を入手して活用しているでしょう。

あなたはブログに書く話題をいつ、どこで入手していますか?

私たちのほとんどは、ネット上、あるいは書籍などから価値ある情報を入手して活用しているでしょう。

同じ文章ですが、下の方がスッキリと読みやすく見えますよね??

 

上の文章は、漢字が多すぎるので、サクッと目に入って来ないんです。

内容よりも、漢字を読むことに頭が集中してしまうんですね(-_-メ)

 

 

ではひらがなばかりが良いか?というと、そうでもありません。

 

ひらがながれんぞくしていると、たんごがどこでくぎれているのかわからなくなることがあります。

ひらがなが連続していると、単語がどこで区切れているのか分からなくなることがあります。

 

どちらが読みやすいか、一目瞭然ですね???

メリハリがつくので、漢字とひらがなを適切に使った方が読みやすくなるのです^^

 

 

③専門用語は×。簡単な言葉に置き換えて!

これは先ほどの漢字の使い過ぎと似ていて、

専門用語も、一瞬「???」と、読む人の脳を混乱させます。

 

専門用語を入れるなら、その後()内で補足したり、

簡単な文に入れ替えたりしましょう!

例:

メールを暗号化して送信するためには、

送信相手のデジタルID電子的な証明書)を入手しておきましょう。

 

④同じ語尾を続けない。

「私はラーメンが好きです。でも、スパゲッティも好きです。どちらにも良さがあるので、選べないです。」

この文は、「~です。~です。」が続いてしまっていますね(*_*;

このように、同じ語尾が続く文章は違和感ありまくり!

 

少しでも違和感があると、読み手の心は離れていきます( ;∀;)

 

⑤何かを主張をした後は、必ず理由を書く。

「~なのです。」と言い切っておいて

その理由を書かない文章はよくあります。

 

でもそれだと、

本当にその人の言っていることが正しいか、分かりません。

これは私も良くやってしまうヤツです( ;∀;)アイタタ…

 

ましてや書いているのがどこの誰かもわからない、インターネットの世界です。

なるべく根拠や事例を出した方が共感を得られやすくなります。

 

根拠を書くやり方だと、読者から信頼されます(^^)/

頭の中で具体的イメージが浮かぶと、

「なるほど~!」と納得されるからです。

 

下の文は私のプロフィールの中から抜粋したものですが、

赤字になっている「なぜネットビジネスをやっているのか?と言うと、」

から下が根拠になります。

 

例:

私は子育て中のママです。子育てをしながら、

ネットビジネスをやっています!!

 

なぜネットビジネスをやっているのか?と言うと、

家に居ながら収入を得ることが出来るからです! 

 

私もそうですが、子育てをして人を見ていると、

「小さい子どもと一緒に過ごしたい。」

「でも働かないとお金がない。」

という問題に直面する方が多いです。

 

家族が今までよりも増えるわけですから、

当然お金も今までよりも必要になってきますよね。

 

こんな感じですが、根拠を出すように気を付けています♪

 

「~なのです。」と言い切ったら

必ずその理由を書くクセを付ければ、それが共感へと繋がるので信頼される文章になっていきます^^

 

⑥文章を2、3行書いたら、改行。

ネット上の文章って、ザーッと流し読みされることが多いです。

初めてのブログ訪問者は、

記事をパッと見てストレスない文章かどうかを見極めようとします。

ストレスない記事にするためには

文章を2、3行書いたら、改行することです。

 

この記事自体も、2、3行ごとにこまめに改行しています♪

 

あと、人は文字を読むとき、

横への目の移動が長いとストレスを感じ取ります。

 

30文字以上文字が横に続いていると、「長いな~」と感じるようです。

 

横への目の移動が原因のストレスをやわらげるためには、

一つの文章を短く。

 

だいたい30文字以下で改行しておきましょう!(*‘ω‘ *)

 

⑦小見出しをこまめに付ける。

読み続けてもらうには、小見出しを付けて分割することをおすすめします。

 

ブログ記事を読むとき、はじめに、ザーッと下までスクロールする人は多いです。

そんな時、読みやすそうな文章かどうかを判断されています!!

 

しかし、そんな時!

気になる小見出しがあると、まとまっていて読みやすく感じるものです。

 

 

ストレスも軽減されるので、小見出しがあるのとないのとでは、全然違います。

私は話題が変わるときは、小見出しを付けるようにしています♪

 

⑧「自分らしさ」を出す!

さぁ、最後は一歩踏み込んで、

「読みやすいブログ」から更に「読みたいブログ」にしていきましょう!

 

ブログ記事にも説明は当然必要です。

ですが、最初から最後まで説明だけのブログの書き方だとしたらどうですか?

 

途中で読む気がなくなりますよね (ノД`)・゜・。

役立つ記事は他にもたくさん転がっています。

私たちの記事で読んでもらうためには、「共感」が必要です。

 

共感されるともっと読者も増えて、嬉しいですよね(*‘ω‘ *)

 

そうなるためには、

ブログの中に「自分を登場させる」ことが大事。

自分の経験や、自分の考えや想いを入れていくのです。

 

私も前までは人間味のない文章を書いていました。

ホント、辞書みたいな(◎_◎;)

 

でもその記事を見返すと、本当につまらないし、実際にアクセスも少ない。

なので、少しずつ「自分を登場させる」ようにしてみています。

 

スポンサーリンク

 

読みやすい記事のさいごに

読みやすい記事になるために必要なことを書いていきました。

 

最後に必要なこと、それは、

出来上がった記事を読み返すことです。

 

頭で理解して書いているつもりでも、

出来上がった記事を読み返してみると同じ語尾が続いていたり、意味が通じない文章があることも。

私の場合、出来上がったら、自分の記事をスマホからチェックします。

 

普段はパソコンでブログ記事を書いてますが、

読む人は大抵スマホから読んでいるので

自分も書いた後にスマホから見ることでかなり読者目線になって読めます。

 

読み直すことで、間違いに気づく事ができます^^

 

これらを意識して書くことで、ストレスがない記事になります。

最後まで読んでもらう可能性も増えるので、参考にしてみてくださいね♪