仮想通貨取引所と販売所の違いは? それぞれのメリット・デメリット!

Pocket

仮想通貨の取引をする際、誰もが利用する仮想通貨取引所。

 

しかし、間違えやすいのですが

「取引所」と「販売所」は、

全くの別物なのです。

 

始めは混乱しますが、ここをはっきりと わかっていないと

仮想通貨を

高い手数料で購入することになったり、

安い金額で売ることになってしまいます。

 

ここでは、「取引所」と「販売所」の違いを

明確にしていきたいと思います。

 

仮想通貨取引所と販売所のメリット・デメリット

「仮想通貨販売所」は、

仮想通貨を販売している所です。

 

私たちユーザーは、

取引所が持っているコインを購入し、

購入したコインを売却することが出来ます。

 

「販売所」のメリットは、

・すぐ約定する

 

反対にデメリットは

・指値注文が出来ない

・手数料が高い

など。

 

販売所の言い値で取り引きし、その場ですぐに約定します。

ですがその分手数料やスプレッドが高いです。

 

簡単に見分ける方法は、

指値での売買ができないのが「販売所」です。

 

コインチェックの場合

コインチェックの販売所は、PC上でなく

スマホで出来る売買ですね。

 

Zaifの場合

Zaifの販売所は「簡単売買」という部分です。

簡単売買では、ビットコイン・モナコインを売買できます。

取引所ではないので簡単に早く売買が出来ます。

 

 

BitFlyerの場合

BitFlyerには

「ビットコイン販売所」と「アルトコイン販売所」があります。

ビットコインと、その他のコインで販売所が分割されてます。

 

ビットフライヤーもコインチェックと同じで

ビットコインだけは取引所で売られていますが、

他の通貨は販売所なので

手数料が高く設定されているのです。

 

手数料に加え、「スプレッド」という価格差があるので

購入するときにはレートよりも高く、

売るときにはレートよりも低く取引しなくてはいけません。

 

↓ 下の画像、凄いスプレッドですね。。。

例えば、この時のレートはだいたい93万円。

しかし、購入するときには約100万円で買い、

売るときには86万円で売らないといけません。

 

せっかく良いレートのときに買えたとしても、

これでは損です。

ここでの取引は大きく損をすることになりますね。

 

ここが間違えやすい部分です。

 

 「仮想通貨取引所」とは

今度は取引所です。

仮想通貨取引所は、

ユーザー同士が仮想通貨を取引する場を

提供しています。

 

ユーザー同士で取引するので、

同じ金額で売りたい人がいると買うことができ、

同じ金額で買いたい人がいると売ることができます。

 

ユーザー間での取引なので、取引所によって左右されます。

取引したい通貨の中での取引量がある程度の量がないと、

注文を入れてもなかなか通らないこともあります。

 

取引所のメリット

・指値注文ができる

・手数料が安い

・スプレッドがない

 

デメリット

・注文が通らないこともある

・約定まで時間がかかることもある

などです。

 

 CoinCheckの場合

CoinCheckではBTC/JPY(ビットコイン/日本円)の取引所しかありません。

 

CoinCheckは取扱コインが多いのが特徴ですが、

取り扱っているほとんどが「販売所」なんです。

だから手数料などでたくさん儲かっているわけですね。

 

Zaifの場合

Zaifの仮想通貨取引所は、信用取引もできます。

BTC建ての取引などもできるのです。

Zaifの取引所通貨ペアはたくさんあって、

BTC/JPY MONA/JPY MONA/BTC XEM/JPY XEM/BTC BCH/JPY BCH/BTC と

こんなに取引できるのです!S

これがZaifが愛されている理由です。

 

 BitFlyerの場合

BitFlyerの仮想通貨取引所は、

メニュー内の「ビットコイン取引所」及び、「bitFlyer Lightning」。

BitFlyerはちょっと特殊で、

「ビットコイン取引所」ではBTC/JPYのみの取扱ですが、

「bitFlyer Lightning」ではそのほかにも取引できます。

「販売所」と「取引所」どっちの方がいい?まとめ

 

とにかくお得に売買したい場合は、「取引所」!!

 

「販売所」は素早く簡単に取引できるように

取引所が持っているコインを売買します。

 

そのため多くの手数料がかかるので「取引所」より高めです。

なので、

よっぽどのことがに限りは

原則的に「取引所」で売買したほうが良さそうです!

 

ただ、

「販売所」と「取引所」では取り扱ってる通貨が違います。

販売所にあっても取引所にない通貨は多いです。

 

なので、取引したい通貨に応じて「販売所」と「取引所」を

使い分けたり、取引したい通貨を扱っている「取引所」を探すなど

臨機応変に利用するのが一番良いのです。

 

そのためにも、

様々な仮想通貨取引所に登録することをおすすめします!

最低でも4つ以上は登録しておいた方が良いです。

 

おすすめの取引所はこちら

↓ ↓ ↓

☆おすすめ第一位 Zaif

Zaif(ザイフ)の手数料は安いの?口コミ・評判・安全性は?

 

 

☆おすすめ第二位 ビットフライヤー

ビットフライヤーの評判・口コミは悪い?デメリット・メリットまとめ

 

 

☆おすすめ第三位 QUOINEX

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はおすすめ?口コミ・評判

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ