【速報】コインチェックはなぜネムを盗難された?原因・真相は?

Pocket

1月26日にコインチェックから

仮想通貨のアルトコインであるXEM(ネム)が

何者かによって不正に盗まれました。

 

その数は5.2億XEM。

当時のレートで日本円約580億円分。

 

日本国内ので二番目の大きな取引所であるコインチェック。

その被害額は過去最大。市場は騒然となっています。

 

コインチェックの発表により現在分かっていることです。

発生事象

1月26日 02:57頃 :事象の発生 (正確な発生時刻を特定するため、現在調査を継続しております。 ※1/27 10:35頃追記)
1月26日 11:25頃 :当社にて異常を検知
1月26日 12:07頃 :NEMの入金一時停止について告知
1月26日 12:38頃 :NEMの売買一時停止について告知
1月26日 12:52頃 :NEMの出金一時停止について告知
1月26日 16:33頃 :JPYを含め、全ての取扱通貨の出金一時停止について告知
1月26日 17:23頃 :BTC以外(オルトコイン)の売買の一時停止について告知
1月26日 18:50頃 :クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金一時停止について告知

コインチェックHPより

 

 

 ビットコイン以外の取引は停止され、そのビットコインも
出金したり、送金できなくなっているようです。

コインチェックはなぜ盗難された?原因・真相

そもそも、なぜコインチェックはハッキングされてしまったのでしょうか?

用語説明

  • ホットウォレット…コンピュータ上ですぐに引き出し可能な保管媒体

  • コールドウォレット…ネットを遮断しハッキングを防ぐ役割を持つ

  • マルチシグ…鍵が複数あるもの

管理の甘さが露呈

コインチェックは、

「安全にコインを補完するために、オフライン上で保管している」

と公式ホームページで書いています。

 

↓ ↓ ↓

コールドウォレットによるビットコインの管理

当時、Mt.GOX(マウントゴックス)のコールドウォレットの管理は

完全なオフライン状態で行われていなかったため、

安全性が確保されていませんでした。
coincheckでは、お客様からの預り金の内、

流動しない分に関しては安全に保管するために、

秘密鍵をインターネットから完全に物理的に

隔離された状態で保管しています。

コインチェックHPより

 

これを見た多くのユーザーは、

安心して取引をしていたわけです。

 

しかし残念ながら、

上の引用にもありますが

「コールドウォレットによるビットコインの管理

と書いてあります。

 

つまり、

”ビットコインはオフラインで管理しているけど、

その他は違うかもね~”

ということです。

現にこの騒動を受けた記者会見で、和田社長は

「コールドウォレット(オフライン)で保管せず、

オンラインで常に保管していた」

と言っていました。

 

取引所のセキュリティとして、

「コールドウォレット」と「マルチシグ」で保管するのが通常と言われます。

 

オフラインとマルチシグで管理していれば、

今回のように盗まれるような被害はなかっただろうに

あえてオンラインにして、

いつでもハッキングされても良いような

環境を作ったコインチェックの責任は重いです。

 

ネムがこの状態ですので、

他もコインの保管状態も信用できない状態です。

 

社長たちは会見で「安全管理を第一にやっていた」

なーんて言ってますが

そんなことよりもCM作りに気を取られていたのでしょう。

 

「安全」であることがユーザーの信頼を受けるために必須条件ですが

そうでない取引所は

そもそも誰もコインチェックを利用しなかったでしょう。

 

万全な対策でないことをあえて隠していたコインチェック。

信用はガタ落ちです。

現在はコインチェックに問い合わせても、

通じない状況で、

しかも

今後の予定が未定ということなので

ユーザーは皆、困惑していると思われますので、

コインチェックの早急の対応をお願いしたいですね。

 

ネムはしょうがないとしても、他の通貨についての送金や出金は

早く再開してほしい所ですね。

 

今回のハッキング事件、今後の動向が注目されます。

この事件によって、今後の仮想通貨市場や取引所の規制に

大きな影響が及ぶからです。

 

仮想通貨の発展に水を差さない為にも

コインチェックには頑張ってもらいたいですね。

新しい情報が入り次第、更新したいと思います!

 

追記:(1.29)

騒動から二日後、ネムをJPYで補償するという発表が

コインチェックからありました。

以下、コインチェックHPより

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多い

テックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、

出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。

算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から

本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)

〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。

なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

補償してくれるのはありがたいけれど、

ネット上ではいくつかの疑問がでて、ユーザーを更に不安にしています。

・ 補償時期が明確にされないこと。

・88.549円というレートがかなり低いこと。

・JPYで返されると、出金できなくても確定申告しなければならない。

1日に1度ほどあるコインチェックからの発表も、

多くが語られていないので

ネット上では憶測だけが飛び交い、

ユーザーが不安になっています。

 

返還時期は、目安でも良いので知らせてほしいですね。

 

更に、1月29日のコインチェックからの発表。

金融庁から業務改善命令が出たのですが、

その内容をなんと一部改ざんして

ホームページに載せているのです(◎_◎;)

ここ重要。

 

金融庁からの通達を改ざんして伝えているということは

どこかで抜け道を作ろうとしている

とられても仕方がありません。

金融庁や国、ユーザーを舐めているのでしょうか・・・。

 

ですが、公式サイトには、やっと謝罪の言葉が。

当社では、今回の措置を厳粛かつ真摯に受け止め、

深く反省するとともに、早期に、事案の事実関係と原因究明、

お客様の保護、システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化ならびに、

実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定を進めていく所存です。

改めまして、お客様をはじめとする関係者の皆様に、

多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。

また、今後、策定する改善策を着実に実施することにより、

お客様の信頼回復に向け、最善の努力をしてまいります。

これを読んで、少しだけ安心しました。

今、きっと社員の方たちも頑張っているのだなあと。

良い会社になるよう、頑張って欲しいと思いました。

 

そして、一刻も早く取引が再開されることを

願っています。

 

分散投資しよう!

今回の事件で、取引所選びの重要性が良く分かりました。

 

仮想通貨自体はまだまだ期待できる市場ですので、

これをチャンスとみて

他の取引所で買い増しをするのも1つの手です。

 

やはり、

仮想通貨で失ったお金は

仮想通貨で取り戻したくなるものです。

 

今はまだ出来なさそうですが、

他の取引所に入っておいて

すぐにコインチェックに入っているコインを他へ送金できるように

取引所へ登録し、準備をしておくと良いですね!

 

コインチェックがハッキングされたこととは別としても

やはり、日常的に取引所は

分散しておくのがよいでしょう。

リスク分散として大切です。

 

日本国内の他の取引所で

おススメできるのはコチラです。

 

おすすめ取引所

国内で最大の取引所

ビットフライヤーです。

 

ビットフライヤー

 

公式サイトから無料で開設する

↓ ↓ ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ