アフィママのゆいまるです(*’ω’*)

今回は「記事が書けない」という悩みを解決すべく、ブログの書き方・コツをご紹介しようと思います^^

 

ブログは、ただ書いていてもなかなか最後まで読んでもらえません。

より長く読んでもらうには、

ズバリ「まず初めに結論を言ってしまうこと」がコツです!

 

結論を先に言う法則をPREP法(プレップ法)と言います。

PPAPじゃないですよ!(笑)アポペ~ンΣ(・ω・ノ)ノ

PREP法のとおりに書けば、もっと読みやすくなるのです!

 

では、そのPREP法のやり方をご説明します(*^_^*)

 

ブログの書き方をご紹介!コツってあるの?

ブログの書き方をご紹介!コツってあるの?

PREP法とは?

PREP法とは、下記の英単語の頭文字をとった文章の構成方法です。

P=Point(結論)

R=Reason(理由)

E=Example(事例、具体例)

P=Point(結論を繰り返す)

Wikipediaより引用

でも、簡単に言うと「結論が先・説明は後」ということです。ちょっと難しそう~!?(◎_◎;)

 

①最初に結論を伝え、

②次にその理由を説明、

具体例で理由を示し、

④最後に結論を再度提示

このような流れで記事を書きます。

 

でも、なぜ「まず初めに結論を言ってしまう」と良いのでしょうか?

理由は二つ。

 

一つ目は、このテンプレートを知っておくだけで、読み手も読みやすくなり、長く読んでもらえる。

二つ目は、書く方もかなり記事が書きやすくなるから(≧▽≦)

 

実は文章だけでなく、プレゼンテーションでも使うと良い方法なんです。

PREP法の一番の特徴である「結論を最初に述べること」

 

これは話の聞き手の集中力が最も強いのが開始直後の30秒程だから。

結論から話してもらうと、その次からの話の理解度も変ってきます^^

 

ブログの記事でも同じですね。

冒頭に結論・要点を持ってくると、何についての文書かが分かりやすくなります。

 

自分のブログのファンなら最後まで読んでくれますが、

検索エンジンから入ってくる読者は、調べたいことに対して、まず「結論」を求めています。

 

それなのに、いつまでも

「~~って大変ですよね。」

「そもそも~~についてですが、」

と、いつまでも結論が出てこない記事が多い!

 

これだと、すぐに離脱されてしまうことが多いのです(◎_◎;)

結果的に、検索エンジンからの評価が下がる・・・。

 

「起承転結」ではダメなの?

世の中には「起承転結」の記事が多いです。

そういうのってどうなのでしょうか?

 

確かに、ストーリー性がある内容を書く場合には、起承転結は必要です。

小説なんかでもそうですよね^^

 

ただ!!

 

読者から求められているのは、ストーリー性ではありません。

「早く結論を知りたい」と検索を掛けている方が多いのです。

ブログの書き方をご紹介!コツってあるの?

これは「結論」が一番最後に来るので、最後まで読まないと、「結局何が言いたいのか分からないブログ」と思われてしまうのです。

 

私もこれまで「起承転結」型の記事を量産してきました( ;∀;)

読んでくれる人は最後まで読んでお付き合いしてくれますが、ほとんどは離脱していきます。

 

自分でも見返すと、「読みにくいなあ~~(-_-メ)」と感じます。

これを読んだ方は、すぐにPREP法の書き方に転向しましょう!

 

実は、Twitterでかなり影響力のある、

KUMAP@起業で月商400万 さんも、これについて分かりやすく教えてくれています!

トップブロガーの方もそう言っているくらい、大事な書き方なのです(≧▽≦)

「結論+補足」が一番アツい書き方だということが良く分かります。

 

それでは、今度はPREP法を使った文章の具体例を見てみましょう!

↓ ↓ ↓

タイトル「〇県で子連れに一番おすすめな動物園はココ!」

私が〇県で子連れに一番おすすめする動物園は〇〇動物園です。(結論)

理由は、子連れに優しい設備が整っているからです。(理由)

例えば、授乳室。授乳室は園内に5か所設置されていて、行きやすい場所にあるので、赤ちゃんがぐずったときでも安心。

また、ベビーカーでも行きやすいように、段差やアップダウンが少ない動物園なのです。(事例、具体例)

なので、私が〇県で子連れに一番おすすめする動物園は〇〇動物園です。(結論を繰り返す)

と、こんな感じで文章を書いていくと良いです^^

 

あと、一応悪い例も書いてみました(◎_◎;)

↓ ↓ ↓

タイトル「〇県で子連れに一番おすすめな動物園はココ!」

「〇県に子連れできたら、どこかに観光したくなりますよね。

特に子連れだと、ベビーカーで行けるかどうか、授乳室があるかどうか、など気になることが多々あると思います。

今日は、そんな方におすすめの観光スポットをご提案します。

その観光スポットとは、動物園。

動物園なら、お子さんが楽しめて、家族の思い出も増える。

〇県には、子連れにも優しい動物園があることをしっていますか?

私が子連れの方に一番おすすめする動物園は、〇〇動物園です!」

ちょっと大げさに悪く書いてしまいましたが、、、(◎_◎;)

悩みに共感しているばかりで、結論がなかなか出てこない記事です。

 

読者は早く結論を調べたがっているので、需要のない記事になってしまう。

ということがお分かりいただけたでしょうか(*^_^*)

 

結論が先にあっても「読まれる記事」になる

心配なのは、「結論を読んだらもう用済みになって離脱されてしまうんじゃないの?」ということ。

そうとも限りません。

 

一番伝えたいことを最初に言ってあるおかげで、文章が長くなっても、読者が記事の終着点を見失わないことがPREP法の良さです。

先ほどの動物園の例文でもそうでしたが、「〇動物園が良い」と結論が書いてあったら、

「え?理由も知りたい!」と興味を持ってもらう可能性が高くなるからです(*’ω’*)

 

ブログの書き方・コツまとめ

長く書いてきましたが、

PREPの流れが慣れないうちは、「結論が先、理由や補足は後」とだけ覚えておくと良いです。

 

この流れを何度も繰り返し書いていれば、だんだん慣れてきて、読者が読みやすい記事になっていきます!(*^_^*)

 

私は、どうしたら上手く書けるようになるのかとずっと悩んできました。

今も悩んでいる途中です(◎_◎;)

 

でも、書くしかない!

 

書くことでコツもつかんでくるし、テクニックさえ覚えてしまえば、自然に書けるようになります。

 

私の始めたころのブログなんて、恥ずかしくて読み返せないほどなんです(◎_◎;)

今はもう消してしまいましたが、酷いものでした。。。

 

まず、見出しが無く、でたらめ。思いついたことから順番に書いている。

など、とても読めたものではありません(ノД`)・゜・。

 

それでも、試行錯誤しながら毎日書いてきたのです。

 

パソコンの前で「う~ん」と唸っていても何も解決しないので、

とにかく書き慣れていきましょう!(≧▽≦)