ビットフライヤーの評判・口コミは悪い?デメリット・メリットまとめ

Pocket

bitFlyerは、国内の仮想通貨取引所です。

bitFlyerと言えば、成海璃さんイメージキャラクターとして起用したCM

思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか

ビットフライヤー国内仮想通貨取引所真っ先にTVCM行い

そのCM効果はかなりのもの

 

コレ、耳に残るCMですよね~^^;

 

ビットコインが自体が広まったのもこのCM影響もありますし

2017「ビットコイン」の知名度どんどん広まっていきました

 

そんなビットフライヤーですが、

実際に所はどうなの?と、突っ込んだ所までお話したいと思いますので

最後までお付き合いください^^。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴とメリット・デメリット

 

 ビットフライヤーとは?

内容

会社名 株式会社bitFlyer

設立日 2014年1月9日

資本金 41億238万円(資本準備金含む)

所在地 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F

代表取締役 加納 裕三仮想

通貨交換業者登録 登録番号00003号

 

仮想通貨取引所bitFlyerは、

加納裕三という方が起業しました。

 

この方ですね。

ビットフライヤーの資本金は、約41億。

国内トップクラスの取引所、「コインチェック」でも

9,200万円ですので、ビットフライヤーの金額の大きさが分かります。

一般的に資本金が多いほど信頼性が高いと言われます。

 

現在、資本金では国内の仮想通貨取引所で3年連続第1位、

世界でも第二位の仮想通貨取引所なのです。

とっても大きな会社であることが分かります。

 

また、

ビットフライヤーは日本一の取引量があり、

安心感がダントツです。

 

 

ビットフライヤーは、国内仮想通貨取引所で市場を率先している取引所です。

近頃、自動家計簿の「マネーフォワード」と共同し、

ビットフライヤーの総資産と資産内訳を通貨ごとに見られるようになったので

活用してみてくださいね^^

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

 

bitFlyer複数の大手金融機関から出資を受けていて

万が一のことがあった場合に対応できる体制になっています。

 

その補償内容は、

「二段階認証登録ユーザー様のメールアドレス・パスワード等の

盗取により行われた不正な日本円出金に係る補償」

「bitFlyerへのサイバー攻撃等によって発生した

ビットコインの盗難、消失等に係るサイバー保険」

です。

 

 

仮想通貨は、ネット上のみで取引されるので、

二段階認証を設定を必ずするなど

しっかりと管理しないと、最悪コインを盗まれる可能性もあるのです。

 

ビットフライヤーは管理がしっかりしていますし

500万円まで補償するなどの制度もあるので

初心者でも安心して利用できる安全の取引所です。

 

ユーザー数がまもなく100万人、これは国内3年連続のNo.1です。

bitFlyerはFXが大部分を占めています。

 

ビットコインFXユーザーのほとんどがbitFlyerのFXを使っています。

取引手数料が安く、レバレッジは最大で

15倍まで可能。(コインチェック最大5まで

 

ビットコインFXをやりたいと言う方は

ビットフライヤーを活用した方が良いです。

 

ビットフライヤーのメリット

ビットフライヤーの大きなメリットは、

「資本金・ユーザー数・ビットコイン取引量 3年連続No.1」

「ビットコイン(FX)取引量世界一」

「大手金融機関が出資で、補償制度もあり安心・安全の取引所」

という点です。

 

ユーザー数やビットコイン取引量でリードしている、と言う点で

信用できる会社と言えます。

 

「無料でビットコインがもらえる」

ビットフライヤーでビットコインをもらう

bitFlyerの3つ目のメリットは、

オリジナルのサービスで「無料でビットコインがもらえる」のです。

 

「ビットコインをもらう」をクリックします。

好きな商品を購入したり、無料サイトなどに登録するだけで

JPY(日本円)がもらえるコーナーです。

JPYを持っていれば、ビットコインやアルトコインが買えるので

たくさん貯めて、投資に回すことも出来るのです!

 

資金が無くても仮想通貨が始められるなら、

例え損失が出てしまっても、痛くもかゆくもありません^^

 

私も試験的に、無料サイトに登録してみました。

すると、あっという間に60円分が成果として出ました^^

まだ広告主からの承認待ちですが、

こんなに簡単に日本円が手に入り、嬉しいですね(≧▽≦)

 

他にも、bitFlyerを経由して各種カードを申し込んだり、

楽天市場やzozotown等で買い物すると、

キャッシュバックとしてビットコインや日本円をもらうことができます。

 

私がやっている方法ですが、

楽天市場で買い物するとき

bitFlyer経由で買い物をして、

楽天スーパーポイントとビットコインのポイントを

2重でもらうことも可能なのです。

 

すごくお得ですね!^^

 

皆さんも

たくさん貯めてみてはいかがでしょうか。

 

ビットフライヤーのデメリット

一方、bitFlyerはデメリットも存在します。

 

アルトコインの手数料(スプレッド)が高い

bitFlyerのデメリット1つ目は、

「アルトコインの手数料が高い」ことです。

 

bitFlyerのアルトコインの手数料(スプレッド)は

ホームページ上では書いていませんが

アルトコインの売買手数料は、どの通貨も5%以上です。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)については約8%。

毎回の取引にかかってくるので、高いです。

 

アルトコインの購入ならば、bitFlyerだけが良いとは言えません。

アルトコインを購入するのなら、

全仮想通貨購入・売却手数料が無料(0%)以下のZaifを

使ってみるのもOK。

 

ただ、ザイフはもともとコインの値が他よりも高いので、

手数料が上乗せされていると思われます。

 

それぞれの取引所にメリット・デメリットがあるので

いくつも登録しておいて

使い分けていくと良いと思います。

 

 仮想通貨数が少ない

bitFlyerの2つ目のデメリットは、

「取り扱い仮想通貨数が少ない」ことです。

 

コインチェックでは、全13種類以上なのに対して

bitFlyerでは全6種類です。半分以下。

 

取り扱い仮想通貨は

ビットコイン(BTC)

イーサリアム(ETH)

イーサリアムクラシック(ETC)

ライトコイン(LTC)

ビットコインキャッシュ(BCH)

モナコイン(MONA)

の6種類を扱っています。

 

少ない理由は、bitFlyerは公式Twitterで

「当社は、新規取扱仮想通貨に関して厳格な審査制度を設けております」

と発言していたので、しっくりこないですが

まあ、”厳格な審査”に合格した通貨のみを

扱っているということでしょう(◎_◎;)。

 

口コミ・評判

 

儲けすぎ!と言う指摘も。

利益がどんどん上がっているということは、

それだけ仮想通貨に手を出した人が多いということ。

 

FXはちょっと怖いですね。。。

仮想通貨取引に慣れてくるまでは手を出さない方が良いです。

 

サイトが繋がりにくいとか、メンテナンスはたまにありますが、

ビットフライヤーの対応に称賛の声が。

 

全体的に、ビットフライヤーユーザーの皆さんは

満足しているようです。

 

繋がりにくいなどは、今後改善してもらいたいところです。

 

まとめ

bitFlyerは、盗難などされた場合は

補償制度があり安心・安全の取引所。

 

無料でビットコインがもらえるなど、

他の取引所にはない魅力があります。

 

ユーザー数・資本金・取引量3年連続No.1なので、

仮想通貨投資初心者がまず登録した方が良い、おすすめ取引所です。

 

ビットフライヤーは、キャンペーンをよくやっています。

キャンペーンの内容その時々によって違いますが

登録によるキャッシュバック等があるので、

他よりもお得ですね。

 

近い将来では仮想通貨が今よりも流通していく世の中になると思われます。

まずはビットフライヤーで、取引を開始してみてくださいね^^

 

ビットフライヤーを始める

↓ ↓ ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ